持っていれば有利な資格とは

作業車両関係の資格があれば作業の効率化が可能


ルート配送の仕事は単に車両を運転するだけではなく、荷物の積み下ろし作業も併せて行う必要があります。扱う荷物が少量であれば手作業でも十分ですが、パレット積みの荷物や建築資材などはフォークリフトを使わなければ積み下ろしができません。また、トラックに付属している小型クレーンを操作するにも専用の資格が必要なので、ルート配送の仕事に就くならトラックの免許だけではなく、フォークリフトや小型クレーンの操作資格も必要なのです。運送会社によってはドライバーの仕事はあくまでもトラックの運転だけで、荷物の積み下ろしは届け先の作業員に行わせる所もありますがごく少数の例外です。作業の効率性を向上させるためにも荷物の積み下ろしに関係する資格は持っていて損はありません。

大型特殊免許やけん引免許があれば仕事の幅が広がる


大型免許があれば多くのトラックを運転することができるのでルート配送の仕事に就くことが可能です。しかし、運送会社によってはトレーラーを使用した長距離のルート配送を行う所もあります。車両重量が750キログラムを超える車両をけん引する場合はけん引免許が必要です。運送業に用いるトレーラーのほとんどはけん引免許の対象なので、取得していればトレーラーの運転業務に従事することができます。また、ルート配送などの運送業だけではなく、工事現場でブルドーザーなどの作業車両を操作する仕事を手掛けている運送会社も多いので、大型特殊免許があれば非常に便利です。除雪車やトラクターなども大型特殊免許の対象なので、仕事の内容に適した免許の取得を検討する必要があります。